本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 第一原理電子構造計算 の意味 】
出典: PAW法 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月27日 (土) 10:31 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

PAW法 (英: projector augmented wave method) は第一原理電子構造計算の手法の一つ。擬ポテンシャル法とLAPW法を一般化した手法であり、より効率的に密度汎関数計算を行うことを可能とする。P. E. Blochlが1994年に発表した手法で、数ある全電子計算手法の中でも新しい。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 第一原理電子構造計算 の同義語と関連語 】
< 1 >
PAW PAW法 Projector Augmented Wave Projector Augmented Wave method
projector augmented wave method ピーエーダブリュ





















バンド計算手法 全電子計算手法 第一原理電子構造計算



























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム