本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 第一種情報処理技術者認定試験 の意味 】
出典: 応用情報技術者試験 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年6月11日 (日) 08:33 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

1969年に第一種情報処理技術者認定試験として実施され、1970年から2000年までは第一種情報処理技術者試験、2001年から2008年まではソフトウェア開発技術者試験と称していた。

[概要] 対象者像は「高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者」と規定しており、主に数年の経験を積んだシニアプログラマやシステムエンジニアを主対象としている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 第一種情報処理技術者認定試験 の同義語と関連語 】
< 1 >
Software Design and Development Engineer ソフトウェア・デザイン・エァンドゥ・デヴェロプメントゥ・エンジニアー ソフトウェア開発技術者 ソフトウェア開発技術者試験
























AP Applied Information Technology Engineer Examination 応用情報技術者試験 情報処理技術者試験
制度改正 第一種情報処理技術者認定試験

























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム