本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 耐障害性 の意味 】
出典: 冗長化 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年9月14日 (木) 20:31 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

冗長化(じょうちょうか)とは、システムの一部に何らかの障害が発生した場合に備えて、障害発生後でもシステム全体の機能を維持し続けられるように、予備装置を平常時からバックアップとして配置し運用しておくこと。冗長化によって得られる安全性は冗長性と呼ばれ、英語ではredundancyと呼ぶ。常に実用稼動が可能な状態を保ち、使用しているシステムに障害が生じたときに瞬時に切り替えることが可能な仕組みを持つ。障害によってシステムが本来の機能を失うと、人命や財産が失われたり、企業活動が大きな打撃を受けるような場合には、冗長性設計が必須となっている。 ・・・
出典: フォールトトレラントシステム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年9月20日 (木) 11:13 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

フォールトトレラントシステム(Fault tolerant system)は、その構成部品の一部が故障しても正常に処理を続行するシステムである。

[概要] 障害が発生した場合、単純な設計のシステムでは少しの障害でも全体が停止するが、フォールトトレラントシステムでは完全に機能を保ったまま処理を続行するか、障害の重大性に応じて機能を低下させながらも処理を続行する。フォールトトレラント性は連続稼働が求められるシステムや人命に関わるシステムで特に求められる。 ・・・
出典: フェイルオーバー 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年3月15日 (火) 10:19 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

フェイルオーバー(英: Failover)は、現用系コンピュータサーバ/システム/ネットワークで異常事態が発生したとき、自動的に冗長な待機系コンピュータサーバ/システム/ネットワークに切り換える機能を意味する。これに対して、何らかの異常を察知して、人間が手動で切り替えを行うことをスイッチオーバーという。システム設計において、高い可用性と信頼性が要求される場合、フェイルオーバー機能を組み込むのが一般的である。場合によっては、自動的なフェイルオーバーが好ましくないこともあり、その場合は必ず人間が介在してフェイルオーバーを行う。この場合、人間は単に承認を与えるだけで、フェイルオーバー処理自体は自動的に行われる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

フェイルオーバー (Wikipedia)
フォールトトレラントシステム (Wikipedia)

【 耐障害性 の同義語と関連語 】
< 1 >
channel bonding FT IEEE 802.3ad LAG
NIC Teaming NICチーミング teaming イーサチャネル
チーミング チャネルボンディング トランキング フォールトトレランス
ボンディング ラグ リンクアグリゲーション ロードバランシング
負荷分散










冗長化 耐障害性 帯域向上


























【 耐障害性 の同義語と関連語 】
< 2 >
dual system duplex system duplexed system duplication
redundancy reduplication デュアルシステム デュープレクス・システム
デュープレケイシュン デュープレックスシステム デュプレックスシステム ドゥーアル・システム
にじゅうか 二重化 二重化システム 二重化構成












冗長性 耐障害性



























【 耐障害性 の同義語と関連語 】
< 3 >
Fault Tolerance Fault Tolerant Fault tolerant system fault tolerance
FT フォールゥトゥ・タゥーラゥランス フォールゥトゥ・タゥーラゥラントゥ フォールト・トレランス
フォールト・トレラント フォールト・トレラント・システム フォールトトレランス フォールトトレラントシステム
フォールトトレラント性 故障に強い 障害耐久力 耐故障性
耐障害 耐障害性









Tolerance トレランス 寛容 耐性


























【 耐障害性 の同義語と関連語 】
< 4 >
アクティブ/アクティブ構成 Act/Act構成 ACT-ACT構成 active system
Active/Active 構成 Active-Active構成 アクティブ・アクティブ構成 アクティブ系
ロードバランスクラスタ 運用系 稼動系 負荷分散クラスタ
両現用構成














SBY系 standby system standby系 アクティブ/スタンバイ構成
スタンバイ系 運用待機型 冗長化 多重化
耐障害性 待機系 二重化


















【 耐障害性 の同義語と関連語 】
< 5 >
アクティブ/スタンバイ構成 ACT-SBY構成 Active/Standby構成 Active-Passive構成
アクティブ・スタンバイ構成 アクティブ/パッシブ構成 アクティブスタンバイ構成 フェイルオーバークラスタ
相互待機型


















failover パェシィヴ パッシブ フェイルオーバー
受身の 受動的な 障害迂回 耐障害性






















【 耐障害性 の同義語と関連語 】
< 6 >
アクティブ系 active system active系 ACT系
かどうけい 運用系 稼働系




















standby system アクティブ/アクティブ構成 スタンバイ系 冗長化
耐障害性 待機系 二重化























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム