本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 ダイナミック レンジ の意味 】
出典: ダイナミックレンジ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2015年9月12日 (土) 00:39 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ダイナミックレンジ(英: dynamic range)とは、識別可能な信号の最小値と最大値の比率をいう。信号の情報量を表すアナログ指標のひとつ。写真の場合、ラティチュードと 同じ意味で用いられることが多い。

[性能指標] 信号の最小値と最大値は、その信号が持つ本来の値に対して、その信号を取り扱う機器や伝送路、媒体の性能によって制限される場合がある。最小値の下限は一般に残留ノイズの大きさに影響を受ける。ノイズより小さな信号は、ノイズに埋もれてしまい識別が困難になるからである。また、最大値の上限は、その機器や伝送路などが取り扱える最大値(=許容量)に影響を受ける。一般に許容量を超えた大きな信号は歪んでしまい、信号を正しく取り扱うことができない。このような下限、上限の存在が技術的に存在することから、主に電子機器などの性能を比較する際の指標に用いられることが多く、その際の単位はdBが使われる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 ダイナミック レンジ の同義語と関連語 】
< 1 >
Dynamic Range dynamic range ダイナミック レンジ ダイナミック・レインジ
ダイナミック・レンジ ダイナミックレインジ ダイナミックレンジ ラティチュード
信号の最小値と最大値の比率 動作範囲 動的領域
















dB デシベル




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム