本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 大容量フロッピー・ディスク の意味 】
出典: フロッピーディスク 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年2月21日 (木) 03:02 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

フロッピーディスク (floppy disk) は、磁気ディスクの一種で、磁性体を塗布・蒸着した樹脂製小円盤を樹脂製の保護ケースに入れたものである。

[名称] 本来は記録媒体(メディア)が「フロッピーディスク」または「フロッピーディスクメディア」で、駆動装置(駆動し読み書きする装置)が「フロッピーディスクドライブ」(FDD) と呼ばれる。両者とも略して「フロッピー」などと呼ばれることも多い。また「フロッピィ」のように書き表すこともある。俗称の「フロッピーディスク」(floppy disk) が普及したが(レトロニム)、日本工業規格 (JIS) の用語集では「フレキシブルディスク」と「フレキシブルディスクカートリッジ」である。最初のフロッピーディスクは1971年にIBMが開発した。当時の名称は「フレキシブル・ディスケット」(flexible diskette) または「ディスケット」で、IBMの登録商標となった。IBMは現在、一般向けには「フロッピーディスク」の用語も併用している。かつては3 1/2インチ型媒体を使用する読取装置を「3.5型駆動機構」と呼んでいた。

[3.5インチフロッピーディスク各形式の詳細] 1D,2D,1DD,2DD,2HC,2HD,2ED ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

フロッピーディスク (Wikipedia)

【 大容量フロッピー・ディスク の同義語と関連語 】
< 1 >
2ED 2.88MB 2TD 2XD
Double side Extra density Double track double side extra density double track double sided extra high density double track ダブル・サイデド・エクストラ・デンシティー・ダブル・トラック
ダボル・サイド・エックストラ・デンシィティ・ダボル・トラック ダボル・サイド・エックストラ・ハイ・デンシィティ・ダボル・トラック ダボルゥ・サイデドゥ・エクストゥラ・デンシティー・ダボルゥ・トゥラック 大容量フロッピー・ディスク
両面超高密度 両面超高密度倍トラック













density デンシィティ デンシィディー フロッピーディスク
密度

























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム