本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典

用語解説【台形差分法】
出典: 双一次変換 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年12月11日 (日) 12:24 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/ 双一次変換(そういちじへんかん Bilinear transform 双一次Z変換 タスティン変換、台形差分法 Trapezoidal methodとも呼ばれる)は、デジタル信号処理において、連続時間領域における線型時上変 (LTI)フィルタの伝達関数(アナログフィルタと呼ばれる)を離散時間領域における線形シフト上変フィルタの伝達関数(スイッチトキャパシタで構成されるアナログフィルタも離散時間フィルタだが、デジタルフィルタと呼ばれる)に変換するのによく用いられる等角写像のひとつである。 双一次変換は元のフィルタの安定性を保存し、連続時間フィルタ の周波数応答のすべての点を離散時間フィルタの周波数応答の対応する点に1対1に写像する。ただしもとの周波数とはすこし異なる周波数へ写像される。この歪みは低周波域ではほとんど目立たないが、ナイキスト周波数に近づくほど顕著になる。単位インパルスによってサンプリングされた離散時間信号にラプラス変換を行うと結果は正確にZ変換として表されるが、双一次変換はz平面からs平面への正確な写像を行う自然対数関数の一次近似である。・・・

IT用語同義語・関連語【台形差分法】
< 1 >
Bilinear transform Trapezoidal method そういちじへんかん タスティン変換
トゥラパゥゾイダル・メッセドゥ バイリニア・トゥランスフォーム 双一次Z変換 双一次変換
台形差分法

















































【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z


ワ・ヲ        


IT用語辞典リンク集
 各用語の詳しい解説は、用語を「ドラッグ《後「右クリック《し、このページから直接「Google検索《するか、「IT用語辞典リンク集《をご利用ください。

バナースペース

パステム

〒030-0944
Aomori-shi tutui yatsuhashi 31-403

TEL 017-728-5888
FAX 017-718-7038