本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 多結晶シリコン型太陽電池 の意味 】
出典: 太陽電池 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年9月3日 (火) 18:27 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

太陽電池(たいようでんち、英: Solar cell)は、光起電力効果を利用し、光エネルギーを電力に変換する電力機器である。光電池(こうでんち、ひかりでんち)とも呼ばれる。一般的な一次電池や二次電池のように電力を蓄える蓄電池ではなく、光起電力効果によって光を即時に電力に変換して出力する発電機である。タイプとしては、シリコン太陽電池の他、様々な化合物半導体などを素材にしたものが実用化されている。

[種類]
シリコン系
シリコンを用いる太陽電池は、材料の性質の観点からは、大きく結晶シリコンとアモルファスシリコンに分類することができる。またその形態から、薄膜型や多接合型などを分別することができる。その形式や性能は非常に多様であり、近年は複数の型を複合させたものも実用化されている。このため、ここに挙げた分類法も絶対のものではないことを付記しておく。太陽電池に用いられるシリコンの純度、格子欠陥は集積回路用に比べて基準がゆるく、これまでは集積回路用のシリコンが用いられてきたが、太陽電池の生産量が増加するに従い、ソーラーグレードのシリコン材料の供給が望まれてきた。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

太陽電池 (Wikipedia)

【 多結晶シリコン型太陽電池 の同義語と関連語 】
< 1 >
シリコン太陽電池 sílɪkən sˈəʊlə sél Silicon solar cell アモルファスシリコン型太陽電池
シィリィカゥン・ソゥウラゥー・セルゥ シリコン・ソーラー・セル ソーラーパネル 多結晶シリコン型太陽電池
単結晶シリコン型太陽電池 薄膜シリコン型太陽電池 微結晶シリコン型太陽電池
















Photovoltaic cell Solar cell こうでんち ソウラー・セル
ソーラーアレイ ソーラーモジュール ハイブリッド型太陽電池 ひかりでんち
フォトゥヴォルテイク・セル 光起電力効果 光電池 太陽電池



















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム