本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 多重化装置 の意味 】
出典: マルチプレクサ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年11月23日 (木) 04:16 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

マルチプレクサ、多重器、多重装置、多重化装置、合波器(multiplexer)は、ふたつ以上の入力をひとつの信号として出力する機構である。通信分野では多重通信の入口の装置、電気・電子回路では複数の電気信号をひとつの信号にする回路である。しばしばMUX等と略される。

[通信] 通信分野では、マルチプレクサは複数本のデータストリームをまとめ、多重化された1本のストリームとする。情報理論に従って、元の帯域幅を合計した帯域幅が送出側には必要である。これを使うと複数のデータストリームをある場所から別の場所へひとつのリンクで送ることができ、コストを低減できる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 多重化装置 の同義語と関連語 】
< 1 >
multiplexer MUX mux マルチプレクサ
合波器 多重化装置 多重器 多重装置



















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム