本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 多重伝送 の意味 】
出典: 多重化 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年2月21日 (火) 07:56 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

多重化(たじゅうか、英: multiplexing, muxing)とは電気通信およびコンピュータネットワークにおいて、複数のアナログ信号またはデジタルデータストリームをまとめ、一つの共有された伝送路で送ることである。多重通信、多重伝送とも言う。高価・貴重な資源を共有することを目的としている。例えば電気通信において、電話の複数の通話を1つの電話線で伝送することがある。多重化は電信から始まり、その後様々な通信で使われるようになった。

[概要] 多重化された信号群は1つの伝送路上で送られる。多重化は、物理的には1つの高速大容量の伝送路を論理的な複数の伝送路に分割し、それぞれの論理伝送路を伝送すべき個々の信号やデータストリームに割り当てるものである。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 多重伝送 の同義語と関連語 】
< 1 >
multiplexing muxing マルチプレキシング マルチプレクシング
モルティプレキシィング モルトゥプレキシィング 多重化 多重伝送




















マルチプレクサ





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム