本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 ダブリューピーエー の意味 】
出典: Temporal Key Integrity Protocol 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月26日 (火) 06:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Temporal Key Integrity Protocol、略称TKIP(ティーキップ)は、IEEE 802.11 無線ネットワーク規格で使われているセキュリティプロトコル。

[背景]
 TKIPは、IEEE 802.11i タスクグループと Wi-Fi Alliance が既存ハードウェアを置換することなくWEPを代替する手法として設計した。これは、WEPのデータリンク層のセキュリティが脆弱であることが明らかになったためで、既に使われているハードウェアにも実装できる代替手段が求められていた。2002年10月31日、Wi-Fi Alliance はTKIPをWi-Fi Protected Access (WPA) の名称で承認した。IEEEは2004年7月23日に発表した IEEE 802.11i-2004 で、より頑健なIEEE 802.1XやAESベースのCCMPと共に最終版のTKIPを承認した。Wi-Fi Alliance は間もなく完全な仕様を採用し、WPA2 の名前で普及推進するようになった。TKIPは設計時の寿命に到達しつつあり、次回の802.11規格の全面改版時には外される可能性がある。 ・・・
出典: Wi-Fi Protected Access 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月26日 (火) 06:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Wi-Fi Protected Access(WPA)とは、Wi-Fi Alliance の監督下で行われている認証プログラム。Wi-Fi Alliance が策定したセキュリティプロトコルにそのネットワーク機器が準拠していることを示すものである。また、そのセキュリティプロトコルそのものも指す。これまでにWPA、WPA2、WPA3の3つのプログラム及びプロトコルが策定された。

[概要]
 WPAプロトコルは、それ以前の Wired Equivalent Privacy (WEP) に対して脆弱性を指摘されたため、その対策として策定された。IEEE 802.11i の主要部分を実装したプロトコルであり、802.11i が完成するまでの間、WEP の代替として一時的に使うために策定された。

[WPA]
 データはRC4ストリーム暗号で暗号化され、鍵は128ビット、初期化ベクトル (IV) は48ビットである。WEP からの主要な改善点は Temporal Key Integrity Protocol (TKIP) である。これはシステム運用中に動的に鍵を変更するプロトコルである。それに大きな初期化ベクトルを組合せることで、WEP での関連鍵攻撃に対する脆弱性への対策とした。 ・・・
出典: Wi-Fi Protected Access 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月26日 (火) 06:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Wi-Fi Protected Access(WPA)とは、Wi-Fi Alliance の監督下で行われている認証プログラム。Wi-Fi Alliance が策定したセキュリティプロトコルにそのネットワーク機器が準拠していることを示すものである。また、そのセキュリティプロトコルそのものも指す。これまでにWPA、WPA2、WPA3の3つのプログラム及びプロトコルが策定された。

[概要]
 WPAプロトコルは、それ以前の Wired Equivalent Privacy (WEP) に対して脆弱性を指摘されたため、その対策として策定された。IEEE 802.11i の主要部分を実装したプロトコルであり、802.11i が完成するまでの間、WEP の代替として一時的に使うために策定された。

[WPA2]
 Wi-Fi Alliance の WPA2 プログラムで認証される拡張プロトコルは、802.11i の必須部分を実装したものである。特に新たにAES(共通鍵暗号方式)ベースのアルゴリズム CCMP を導入している。2006年3月13日から、WPA2 認証を受けないと "Wi-Fi CERTIFIED" を名乗れなくなった。 ・・・


【 ダブリューピーエー の意味 】
出典: Wi-Fi Protected Access 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月26日 (火) 06:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Wi-Fi Protected Access(WPA)とは、Wi-Fi Alliance の監督下で行われている認証プログラム。Wi-Fi Alliance が策定したセキュリティプロトコルにそのネットワーク機器が準拠していることを示すものである。また、そのセキュリティプロトコルそのものも指す。これまでにWPA、WPA2、WPA3の3つのプログラム及びプロトコルが策定された。

[概要]
 WPAプロトコルは、それ以前の Wired Equivalent Privacy (WEP) に対して脆弱性を指摘されたため、その対策として策定された。IEEE 802.11i の主要部分を実装したプロトコルであり、802.11i が完成するまでの間、WEP の代替として一時的に使うために策定された。

[WPA3]
 WPA3-Personal ではWPA-Personal、WPA2-Personalで使用していたPSKに代わり、ユーザの入力したパスワードをSAE (Simultaneous Authentication of Equals)で処理したPMKを利用する。PMK算出後は、従来のWPA/WPA2と同様に4-way handshakeによる鍵交換が実施される。 ・・・

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ マカフィー・ストア

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

Wi-Fi Protected Access (Wikipedia)
Temporal Key Integrity Protocol (Wikipedia)



【 ダブリューピーエー の同義語と関連語 】
< 1 >
TKIP Temporal Key Integrity Protocol témprəl kíː ɪntégrəṭi próʊṭək`ɔːl テンプラゥルゥ キー インテグリティー プロトゥコァールゥ
テンプラゥルゥ・キー・インテグリティー・プロトゥコァールゥ テンプロゥルゥ キー インテグリティー プロトゥコァールゥ テンプロゥルゥ・キー・インテグリティー・プロトゥコァールゥ テンポラル キー インテグリティー プロトコル
テンポラル・キー・インテグリティー・プロトコル Wi-Fi Protected Access Temporal Key Integrity Protocol WPA-TKIP ティーキップ





Integrity
ɪntégrəṭi インテグリティー インテグリディー 一体性
完全性 完全な状態

AES IEEE 802.11i IEEE 802.11i-2004 IEEE 802.1X
RC4 Wi-Fi Wi-Fi Protected Access Wi-Fi Protected Access 2
Wi-Fi Protected Access II WPA WPA2 WPA2-AES
アイトリプルイー 802.11 アイ セキュリティプロトコル セキュリティ通信 ダブリューピーエー
ワイファイ ワイファイ・プロテクティド・アクセス ワイファイ・プロテクティド・アクセス・トゥー 暗号化通信プロトコル
Temporal témprəl テンプラゥルゥ
テンポラル 一時の





【 ダブリューピーエー の同義語と関連語 】
< 2 >
WPA dˈʌbljuː píː éɪ ダブリューピーエイ ダブリューピーエー
Personal WPA Wi-Fi Protected Access ˈwaɪfaɪ prətɛ́ktəd ˈækses ワイファイ プロテクティドゥ アェクセス
ワイファイ・プロテクティドゥ・アェクセス ワイファイ プロテクテッド アクセス ワイファイ・プロテクテッド・アクセス
















AES IEEE 802.11i IEEE 802.1X RC4
Temporal Key Integrity Protocol TKIP WEP Wi-Fi
Wi-Fi Protected Access 2 Wi-Fi Protected Access II Wi-Fi Protected Access Temporal Key Integrity Protocol WPA-TKIP
WPA2 WPA2-AES WPA3 アイトリプルイー 802.11 アイ
セキュリティ通信 ティーキップ ワイファイ ワイファイ・プロテクティド・アクセス・トゥー
暗号化通信プロトコル Protected prətɛ́ktəd
プロテクティドゥ 保護された





【 ダブリューピーエー の同義語と関連語 】
< 3 >
WPA2 dˈʌbljuː píː éɪ túː ダブリューピーエイトゥー ダブリューピーエーツー
Wi-Fi Protected Access 2 Wi-Fi Protected Access II ˈwaɪfaɪ prətɛ́ktəd ˈækses túː ワイファイ プロテクティドゥ アェクセス トゥー
ワイファイ・プロテクティドゥ・アェクセス・トゥー ワイファイ プロテクテッド アクセス ツー ワイファイ・プロテクテッド・アクセス・ツー WPA2-AES
dˈʌbljuː píː éɪ túː éɪ íː és ダブリューピーエイトゥー・エイイーエス ダブリューピーエーツー・エーイーエス












AES IEEE 802.11i IEEE 802.1X Personal WPA
RC4 Temporal Key Integrity Protocol TKIP WEP
Wi-Fi Wi-Fi Protected Access Wi-Fi Protected Access Temporal Key Integrity Protocol WPA-TKIP
アイトリプルイー 802.11 アイ セキュリティ通信 ダブリューピーエー ティーキップ
ワイファイ ワイファイ・プロテクティド・アクセス 暗号化通信プロトコル WPA
WPA3










【 ダブリューピーエー の同義語と関連語 】
< 4 >
WPA3 dˈʌbljuː píː éɪ θríː ダブリューピーエイ・スゥリー ダブリューピーエー・スリー
Wi-Fi Protected Access 3 Wi-Fi Protected Access III ˈwaɪfaɪ prətɛ́ktəd ˈækses θríː ワイファイ プロテクティドゥ アェクセス スゥリー
ワイファイ・プロテクティドゥ・アェクセス・スゥリー ワイファイ プロテクティド アクセス スリー ワイファイ・プロテクティド・アクセス・スリー WPA3-Enterprise
WPA3-Personal














AES IEEE 802.11i IEEE 802.1X Personal WPA
PMK RC4 Temporal Key Integrity Protocol TKIP
WEP Wi-Fi Wi-Fi Protected Access Wi-Fi Protected Access Temporal Key Integrity Protocol
WPA-TKIP WPA2-AES アイトリプルイー 802.11 アイ セキュリティ通信
ダブリューピーエー ティーキップ ワイファイ ワイファイ・プロテクティド・アクセス
暗号化通信プロトコル WPA WPA2








ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム