本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 ダブル・サイデド・ダブル・デンシティー の意味 】
出典: フロッピーディスク 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2013/12/24,URL: https://www.wdic.org/

 磁性体を塗った可塑性のシートに、磁気の力で情報を記憶する記録媒体。

[概要]
サイズ
 大きく、次の直径のものがある。
 ● 200mm (8インチ)
 ● 130mm (5.25インチ)
 ● 90mm (3.5インチ)
 最初のものは、酸化鉄磁性体の塗布された8インチのプラスチック製ディスクで、1971(昭和46)年にアラン・シュガート(Alan Shugart)の先導でIBMエンジニアにより開発された。
 その後5.25インチに小型化され「ミニフロッピーディスク」と呼ばれた。
 小型化は更に進み、主流は3.5インチの「マイクロフロッピーディスク」となった。
 小型化競争の中、3インチや2インチといったものも開発されたが、これらは殆ど普及しなかった。

[末期]
 パーソナルコンピューターでも普及し、フロッピーディスクドライブのない機種など存在しない程であった。しかし、 ・・・
出典: フロッピーディスク 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年2月21日 (木) 03:02 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

フロッピーディスク (floppy disk) は、磁気ディスクの一種で、磁性体を塗布・蒸着した樹脂製小円盤を樹脂製の保護ケースに入れたものである。

[名称] 本来は記録媒体(メディア)が「フロッピーディスク」または「フロッピーディスクメディア」で、駆動装置(駆動し読み書きする装置)が「フロッピーディスクドライブ」(FDD) と呼ばれる。両者とも略して「フロッピー」などと呼ばれることも多い。また「フロッピィ」のように書き表すこともある。俗称の「フロッピーディスク」(floppy disk) が普及したが(レトロニム)、日本工業規格 (JIS) の用語集では「フレキシブルディスク」と「フレキシブルディスクカートリッジ」である。最初のフロッピーディスクは1971年にIBMが開発した。当時の名称は「フレキシブル・ディスケット」(flexible diskette) または「ディスケット」で、IBMの登録商標となった。IBMは現在、一般向けには「フロッピーディスク」の用語も併用している。かつては3 1/2インチ型媒体を使用する読取装置を「3.5型駆動機構」と呼んでいた。

[3.5インチフロッピーディスク各形式の詳細] 1D,2D,1DD,2DD,2HC,2HD,2ED ・・・

最新FMVをお得に手に入れるなら
『わけあり品』がオススメ♪
キャンセル品などを特別価格・メーカー保証付きでご提供!


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

フロッピーディスク (通信用語の基礎知識)
フロッピーディスク (Wikipedia)



【 ダブル・サイデド・ダブル・デンシティー の同義語と関連語 】
< 1 >
2D double sided double density ダブル・サイデド・ダブル・デンシティー ダボルゥ・サイデドゥ・ダボルゥ・デンシィティ
ツーディー にディー 両面倍密度




















density デンシィティ デンシィディー フロッピーディスク
密度


























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム