本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 だますこと の意味 】
出典: IPスプーフィング 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年6月8日 (土) 02:31 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 IPスプーフィング(アイピースプーフィング)とは、IP通信において、送信者のIPアドレスを詐称して別のIPアドレスに「なりすまし」(英:spoofing)を行う攻撃手法を指す。ハッキング、サイバーテロ(サイバー攻撃)の一つ。より原義に近い形としてIPアドレススプーフィングと呼ぶこともある。

[概要]
 IP通信において、不正アクセスを防止する観点からポリシーに基づくフィルタリングを行うケースは多く、「特定のIPアドレスからの接続のみ可能」といったアクセス制限が施されている場合がある。このようなアクセス制限が施されている状況下にあっても、送信元IPアドレスを詐称することができればアクセス制限を迂回できてしまうため、攻略対象システムへの不正アクセスを成功させる可能性が高まる。また、攻略対象システムに残されるログにも詐称されたIPアドレスが記録されるため、攻撃者が攻略対象システムの管理者による追跡を逃れられる可能性が高まる。このような観点から、不正侵入等を目的とした不正アクセスにおいてはIPスプーフィングが有用とされている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

IPスプーフィング (Wikipedia)

デル株式会社 デル株式会社
【 だますこと の同義語と関連語 】
< 1 >
IPスプーフィング áipíː spúːfing IP spoofing IPアドレス・スプーフィング
IPアドレススプーフィング アイピー・スプーフィング アイピースプーフィング




















なりすましAP フィッシング フィッシング詐欺 認証バッチ
不正侵入 本人確認 spoof
spúːf スプーフ だます だますこと
なりすまし なりすまし行為 成り済まし 他人になりすますこと
spoofing spúːfing スプーフィング











ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム