本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 「ディーブイディーアール・デュアル・レイヤー」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: DVD+R DL 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2007/08/02,URL: https://www.wdic.org/

 二層のDVD+Rのこと。

[特徴]

 容量は、12cm径の片面二層のもので8.5Gバイトである。一層と比べ約1.8倍の容量となる。
 最初に登場したドライブはソニーのATAPI接続内蔵ドライブ「DRU-700A」で、2004(平成16)年5月15日に発売された。
 この時点ではメディアがまだ市販前だったが、ドライブに三菱化学製のメディアが1枚同梱されていた。
出典: DVD 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2020年1月1日 (水) 07:49 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 DVD(Digital Versatile Disc、デジタル・バーサタイル・ディスク、ディー・ブイ・ディー)は、デジタルデータの記録媒体である第2世代光ディスクの一種である。
DVD-R DL
DVD-R DL (Dual Layer) は1層タイプのDVD-Rを発展させたもので、片面に2層記録が可能。容量は片面で8.5GBである。両面のものは市販されていない。初期は+DLに比べて記録速度が遅くシェアも低かったが、現在では速度では+DLに並びほとんどのドライブで対応している。2005年6月に三菱化学メディアよりCPRM対応のDVD-R DLが発売された。
DVD+R DL
 DVD+R DL (Double Layer) はDVD+Rを発展させたもので、片面に2層記録が可能。DVD-R DLよりも先行して一般市場に出回った。ディスクのメディアIDをROM化することによりDVDプレーヤーでの再生互換性が一般的には高まることが知られている。

マカフィー・ストア 富士通 WEB MART 大学生向けノートパソコン

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

DVD+R DL (通信用語の基礎知識)
DVD (Wikipedia)



【 ディーブイディーアール・デュアル・レイヤー の同義語と関連語 】
< 1 >
DVD-R DL DVD-R Dual Layer díː víː díː άɚ dúːəl ˈleɪɚ ディーヴィーディー アゥー ドゥアゥルゥ レゥイアゥー
ディーヴィーディー・アゥー・ドゥアゥルゥ・レゥイアゥー ディーブイディーアール デュアル レイヤー ディーブイディーアール・デュアル・レイヤー ディーブイディーアールディーエル
ディーブイディーアールデュアルレイヤー 片面2層DVD-R

















2層記録 片面2層記録 書き込み型DVD 片面2層
8.5GB DVD±DL DVD+R DL DVD+R Double Layer



















更新日:2020年 3月14日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M