本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 ドゥーパ の意味 】
出典: DoPa 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2015年1月17日 (土) 00:34 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

DoPa(ドゥーパ)は、かつて日本の携帯電話会社NTTドコモが提供していた第2世代の携帯電話を使った通信である、PDC (Personal Digital Cellular) 方式のパケット通信の名称である。Docomo Packetの略。

[概要] DoPaと同じ第2世代通信方式、mova(ムーバ)のiモードもこのDoPaを使った通信を行っている。課金体系に大きな特徴があり、利用したパケット量によって課金される。movaのiモードや、テレメトリングに利用されることが多い。DoPa通信のみを行うシングル契約と、音声通話とパケット通信の双方を利用できる、デュアルプランと2種類あった。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 ドゥーパ の同義語と関連語 】
< 1 >
Docomo Packet DoPa DoPa端末 ドゥーパ
























































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム