本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 統合した の意味 】
出典: ISDN 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2015/11/06,URL: https://www.wdic.org/

 総合サービスディジタル網。1972(昭和47)年に第5回CCITT(現ITU-T)で規定されたディジタルの通信網で、データ通信や電話などを中心に普及した。

[概要]
 一般のISDNは「N-ISDN」といい、上位に「B-ISDN」がある。日本でNTTが提供しているISDNの商品名はINSという。1988(昭和63)年4月19日よりサービスが開始されたNTTの商品「INSネット」は、通信速度に応じて「INSネット64」と「INSネット1500」に分けられ、そしてDチャネルを使った通信「INS-P」が存在する。
主なサービス一覧
● INS
 ● INSネット64
  ▶ INS-C
  ▶ INS-P
 ● INSネット1500
  ▶ INS-C
  ▶ INS-P
● フレッツ・ISDN

[特徴] ・・・
出典: IDE 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2012/02/23,URL: https://www.wdic.org

 ハードディスクドライブなどを接続するためのインターフェイスの規格の一つ。パラレルATAの元となった。

[概要]
 もともと、Compaqが自社のパーソナルコンピューターで使用するために、Conner Peripherals(後にSeagate Technologyが買収)というディスクメーカーと共に開発した独自仕様だった。これは、それ以前に使われていたST-506のHDC(ハードディスクコントローラー)、WD1003とレジスターレベルで互換性があった。その後は各社が採用し、後に正式な規格としてATA(ANSI X3.221-1994)が作られた。ATAという仕様制定以降も、IDEやE-IDEという呼称が使われ続けた。
[特徴]
機能
ATAの由来でもある初期のIDEは、ST-506のHDCであるWD1006(WD1003の後継)相当のコントローラー機能をディスクドライブ側に持ち、簡単な論理回路のみでISAバスに接続可能としたものである。そもそもST-506の場合、カード側に搭載されたHDCが全ての制御を行なっており、34ピンの制御線で磁気ヘッドのシークなどの制御を行ない、20ピンのデータ線でデータの送受信をするという、インテリジェント性皆無のインターフェイスであった。IDEは、このインターフェイスをインテリジェント化したものといえる。 ・・・
source of reference: Integrated injection logic (The Free Encyclopedia WikipediA) last edited 31 October 2019, at 12:32 UTC, URL: https://en.wikipedia.org/
Automatic translation

 統合注入ロジック ( IIL 、 I 2 L 、またはI2L )は、複数のコレクターバイポーラ接合トランジスター (BJT)で構築されたデジタル回路のクラスです。 導入時の速度はTTLに匹敵しますが、 CMOSとほぼ同じ低電力であったため、 VLSI (およびそれ以上の) 集積回路での使用に最適です。 相補型トランジスタが不要なため、このロジックファミリを使用すると、CMOSよりもゲートを小さくできます。 ロジック電圧レベルは非常に近いですが(高:0.7V、低:0.2V)、I2Lは電圧ではなく電流で動作するため、高いノイズ耐性を持っています。 I2Lは1971年にSiegfried K. WiedmannとHorst H. Bergerによって開発されました。元々はMTL( Merge -Transistor Logic )と呼ばれていました。 この論理ファミリの欠点は、CMOSとは異なり、スイッチングしないときにゲートが電力を消費することです。 ・・・


【 統合した の意味 】
出典: INSネット 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年7月9日 (火) 11:06 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 INSネット(アイエヌエス ネット)は、日本のNTT(NTT東日本およびNTT西日本)の電気通信サービスの登録商標である。国際的にはISDNと呼ばれる技術規格を採用しており、2本のBチャネル (=64kbps×2) と、1本のDチャネル (16kbps) を電話用の2本の銅線で重層伝送する「INSネット64」(2B1D、ISDNにおけるBasic Rate Interface)と、23本のBチャネル (=64kbps×23) と、1本のDチャネル (64kbps) を1本の光ファイバーで伝送する「INSネット1500」(23B1D、同Primary Rate Interface) の2つのメニューがある。

[電話番号] ・・・
出典: ICカード 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年4月15日 (月) 07:50 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ICカード(アイシーカード、英: integrated circuit card; ICC)とは、情報(データ)の記録や演算をするために集積回路 (IC) を組み込んだカードのことである。国際的にはスマートカード (smart card) やチップカード (chip card) とも呼ばれ、日本では、特に演算処理機能を持つものをスマートカードと呼ぶ。カード内にRAMやROM、EEPROMといった半導体メモリを組み込むことにより、情報量が従来の磁気ストライプカードと比べて数十倍から数千倍になる。 ・・・
出典: Advanced Technology Attachment 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年11月15日 (火) 14:13 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Advanced Technology Attachment(アドバンスド テクノロジー アタッチメント、略号: ATA)は、パーソナルコンピュータ (PC) とハードディスク (HDD) 間のインタフェースのひとつである。1989年に制定され、1990年代に主流となっていた。

[歴史]
 IDE:PC/ATのハードディスクインタフェースは、当初ST-506、次いでST-506を高速化したESDIやSCSI等が使用されていたが、次第にST-506をインテリジェント化(ドライブとコントローラを統合)した1986年にコンパックとコナー・ペリフェラルが開発したIDE (Integrated Drive Electronics) が大勢を占めるようになった。 ・・・


【 統合した の意味 】
出典: メモリコントローラ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年3月29日 (水) 13:12 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

  メモリコントローラ (Memory controller) とは、コンピュータシステム上でRAM(半導体メモリ)の、データの読み出し、書き出し、DRAMのリフレッシュなど、メインメモリのインタフェースを統括するLSI、または機能のこと。
それまでのメインメモリはCPUにフロントサイドバスを介して直接接続されていたが、次第に必要とされるメモリが増大し、Double-Data-Rateなどの特殊な制御を必要とするものも多くなってきたため、CPUとメモリのあいだを仲立ちするLSIに移行した。
パソコンなどのコンピュータシステムでは、この機能はチップセットに統合されているが、Athlon 64は高速化のためにメモリコントローラを内蔵している。インテルCore iシリーズの途中から、時代の進歩や機能の洗練のために再び高機能化したCPUに統合される流れになっている。
出典: Integrated injection logic 『フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)』 最終更新 28 September 2018, at 16:34 UTC、URL: https://en.wikipedia.org/

Integrated injection logic (IIL, I2L, or I2L) is a class of digital circuits built with multiple collector bipolar junction transistors (BJT). When introduced it had speed comparable to TTL yet was almost as low power as CMOS, making it ideal for use in VLSI (and larger) integrated circuits. Although the logic voltage levels are very close (High: 0.7V, Low: 0.2V), I2L has high noise immunity because it operates by current instead of voltage. I2L was developed in 1971 by Siegfried K. Wiedmann and Horst H. Berger who originally called it merged-transistor logic (MTL). ・・・
出典: ISDB 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年4月3日 (水) 14:24 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ISDB(Integrated Services Digital Broadcasting、統合ディジタル放送サービス)は、日本放送協会(NHK)が中心となって開発し、日本、フィリピン、中南米諸国が採用するデジタル放送の方式である。衛星デジタル放送用のISDB-S、地上デジタル放送用のISDB-T、地上デジタル音声放送用のISDB-TSB、デジタルケーブルテレビ用のISDB-C等がある。日本の仕様と区別してISDB規格の国際方式を指す場合、ISDB-T Internationalの名称が用いられ、主に南米で採用されている方式については、ISDB-TB(ISDB-Tb)やSBTVDと呼ばれている。 ・・・


【 統合した の意味 】
出典: ISDN 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年4月4日 (水) 17:02 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ISDN(アイエスディーエヌ、Integrated Services Digital Network、サービス総合ディジタル網)とは交換機・中継回線・加入者線まで全てデジタル化された、パケット通信・回線交換データ通信にも利用できる公衆交換電話網である。ITU-T(電気通信標準化部門)によって世界共通のIシリーズ規格として定められている。 ・・・

[ISDNの構想]
 情報通信の要素には音声・データ・画像などがあるが、1970年代から80年代になるまで音声通信は電話網、データ通信はデータ通信網で行われ、通信方式もアナログが全盛であった。しかしディジタル技術の台頭とともに通信網にどのようにその技術を導入するかが検討されるようになり、加入者線の部分もディジタル化することで音声・データ・画像を同一伝送路で扱うことができるように考え出されたのがISDNである。 ・・・
出典: 集積回路 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年8月9日 (金) 21:42 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

集積回路(しゅうせきかいろ、英: integrated circuit, IC)は、主としてシリコン単結晶などによる「半導体チップ」の表面および内部に、不純物の拡散による半導体トランジスタとして動作する構造や、アルミ蒸着とエッチングによる配線などで、複雑な機能を果たす電子回路の多数の素子が作り込まれている電子部品である。多くの場合、複数の端子を持つ比較的小型のパッケージに封入され、内部で端子からチップに配線されモールドされた状態で、部品・製品となっている。

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ISDN (通信用語の基礎知識)
INSネット (Wikipedia)
Advanced Technology Attachment (Wikipedia)
Integrated injection logic (Wikipedia)
ISDB (Wikipedia)
集積回路 (Wikipedia)
ICカード (Wikipedia)
ICチップ (コトバンク)
ISDN (Wikipedia)

【 統合した の同義語と関連語 】
< 1 >
IC Card chip card contact type IC card ETCカード
IC card ICC ICカード ICキャッシュカード
ICクレジットカード Integrated Circuit Card integrated circuit card ínṭəgrèɪṭɪd sˈɚːkɪt kάɚd
インテグレイティドゥ サゥーキットゥ カァードゥ インテグレイティドゥ・サゥーキットゥ・カァードゥ インテグレーテッド・サーキット・カード non-contact type IC card
smart card アイシーカード スマートカード チップカード
接触式ICカード 接触式アイシーカード 非接触型ICカード 非接触型アイシーカード
非接触式ICカード 非接触式アイシーカード

Suica Super Urban Intelligent Card súːpɚ ˈɚːbn ɪntélədʒənt kάɚd スーパゥー アゥーブン インテリィジャントゥ カァードゥ
スーパゥー・アゥーブン・インテリィジャントゥ・カァードゥ スーパー アーバン インテリジェント カード スーパー・アーバン・インテリジェント・カード スイカ
ETC イオカード ノンストップ料金精算システム
プリペイドカード 乗車カード 接触式 定期券
非接触式 integrated ínṭəgrèɪṭɪd
インテグレイティドゥ 統合した 合成した






【 統合した の同義語と関連語 】
< 2 >
ICチップ IC chip integrated circuit chip ínṭəgrèɪṭɪd sˈɚːkɪt tʃíp
インテグレィディドゥ サゥーキットゥ チィップ インテグレィディドゥ・サゥーキットゥ・チィップ インテグレーテッド サーキット チップ インテグレーテッド・サーキット・チップ
LSIチップ microchip semiconductor chip アイシー・チップ
マイクロチップ














chip tʃíp チィップ チップ
半導体チップ 半導体小片 木片 かけら
こっぱ Integrated ínṭəgrèɪṭɪd
インテグレィディドゥ インテグレイティドゥ インテグレーテッド 統合した
合成した circuit sˈɚːkɪt
サゥーキットゥ サゥーキェットゥ 回路






【 統合した の同義語と関連語 】
< 3 >
IDE Integrated Device Electronics Integrated Drive Electronics ínṭəgrèɪṭɪd dráiv ɪlèktrάnɪks
インテグレイティドゥ ドゥライヴ エレゥクトゥロニクス インテグレイティドゥ・ドゥライヴ・エレゥクトゥロニクス インテグレーティド ドライブ エレクトロニクス インテグレーティド・ドライブ・エレクトロニクス
Intelligent Drive Electronics アイディーイー

















ATA EIDE PATA
Integrated ínṭəgrèɪṭɪd インテグレイティドゥ インテグレディドゥ
インテグレーティド インテグレーテッド 統合した 合成した

















【 統合した の同義語と関連語 】
< 4 >
IMC Integrated Memory Controller ínṭəgrèɪṭɪd mémri kəntróʊlɚ インテグレイティドゥ メムリィー コァントゥロウラゥー
インテグレイティドゥ・メムリィー・コァントゥロウラゥー インテグレーティド メモリ コントローラー インテグレーティド・メモリ・コントローラー CPU内蔵メモリコントローラ
アイエムシー CPU内蔵メモリーコントローラー 内蔵メモリーコントローラー 内蔵メモリコントローラ
















Memory controller メモリーコントローラー Integrated
ínṭəgrèɪṭɪd インテグレイティドゥ インテグレーティド 統合した
合成した



















【 統合した の同義語と関連語 】
< 5 >
Integrated インティグレデッドゥ 完全な 総合的な
統合 統合された 統合した


















































【 統合した の同義語と関連語 】
< 6 >
Integrated Injection Logic integrated injection logic ínṭəgrèɪṭɪd ɪndʒékʃən lάdʒɪk インテグレイティドゥ インジェクシュン ロァジック
インテグレイティドゥ・インジェクシュン・ロァジック インテグレーテッド インジェクション ロジック インテグレーテッド・インジェクション・ロジック I^2L
I2L IIL merged-transistor logic MTL
アイスクエアエル














integrated ínṭəgrèɪṭɪd インテグレイティドゥ インテグレィディドゥ
インテグレーテッド 統合した 合成した
Injection ɪndʒékʃən インジェクシュン インジァクシュン
注入 噴射














【 統合した の同義語と関連語 】
< 7 >
Integrated Open Hypermedia ínṭəgrèɪṭɪd óʊpn haɪpəˌmiːdiə インテグレイティドゥ オウプン ハイパゥーミーディアゥ インテグレイティドゥ・オウプン・ハイパゥーミーディアゥ
インテグレーテッド オープン ハイパーメディア インテグレーテッド・オープン・ハイパーメディア IOH アイオーエイチ
アイオーエッチ 統合開放型ハイパーメディア

















integrated ínṭəgrèɪṭɪd インテグレイティドゥ インテグレィディドゥ
インテグレーテッド 統合した 合成した
Hypermedia haɪpəˌmiːdiə ハイパゥーミーディアゥ ハイパーメディア
ハイパメディア 超媒体














【 統合した の同義語と関連語 】
< 8 >
ISDB Integrated Services Digital Broadcasting ISDB for Satellite ISDB-C
ISDB-S ISDB-Satellite ISDB-T ISDB-T International
ISDB-TB ISDB-Tb ISDB-Terrestrial ISDB-Terrestrial for Sound Broadcasting
ISDB-TSB SBTVD アイエスディービー アイエスディービー・サタライト
アイエスディービー・トゥレストゥリアル アイエスディービー・トゥレストゥリアル・フォア・サウンド・ブロードキャスティング インテグレデッド・サービシズ・ディジタル・ブロードキャスティング デジタル放送
衛星デジタル放送 地上デジタルラジオ放送 地上デジタル音声放送 地上デジタル放送
統合デジタル放送 統合デジタル放送サービス

Integrated ínṭəgrèɪṭɪd インテグレイティドゥ インテグレィディドゥ
インテグレーティド インテグレーテッド 統合した 合成した
Broadcasting brɔ́dkæ̀stɪŋ ブロードゥキャェスティング
ブロードキャスティング 放送 放映 ラジオ放送
テレビ放送











【 統合した の同義語と関連語 】
< 9 >
ISDN Integrated Services Digital Network integrated service digital network nétw`ɚːk ínṭəgrèɪṭɪd sɝ́vɪsɪz dídʒəṭl
インテグレディドゥ・サゥーヴィス・デジタルゥ・ネットゥワゥーク インティグレテッド・サービシズ・デジタル・ネットワーク N-ISDN 狭帯域ISDN
W-ISDN 広帯域ISDN アイ・エス・ディ・エヌ アイエスディーエヌ
サービス総合ディジタル網 サービス総合デジタル網 ディジタル電話網 デジタル総合サービス網
デジタル通信網 総合サービス・ディジタル網 総合サービス・デジタル網 総合サービスディジタル網
総合ディジタルサービス通信網 総合デジタル・サービス網 総合デジタル通信網 統合ディジタル通信サービス網
統合デジタル・サービス網 統合デジタル通信サービス網

INSネット Integrated ínṭəgrèɪṭɪd
インテグレイティドゥ インテグレーティド インテグレディドゥ 統合した
合成した



















【 統合した の同義語と関連語 】
< 10 >
集積回路 ínṭəgrèɪṭɪd sˈɚːkɪt IC Integrated Circuit
Large Scale Integrated Circuit Large Scale Integration large scale integrated circuit Large-Scale Integration
LSI LSIチップ lάːdʒ ˈskeɪl ínṭəgrèɪṭɪd sˈɚːkɪt ULSI
VLSI アイシー インテグレイティドゥ・サゥーキットゥ インテグレーテッド・サーキット
エルエスアイ ユーエルエスアイ ラージ・スケール・インテグレーテッド・サーキット ラゥァージ・スケイルゥ・インテグレイティドゥ・サゥーキットゥ
大規模集積回路 半導体集積回路





ínṭəgrèɪṭɪd Integrated インテグレイティドゥ インテグレーテッド
合成した 統合した

























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム