本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 動的メモリ割り当て の意味 】
出典: 動的メモリ確保 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年11月24日 (土) 09:01 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

動的メモリ確保(どうてきメモリかくほ、dynamic memory allocation、動的メモリアロケーション、動的メモリ割り当て)は、メモリ管理のひとつである、プログラムを実行しながら、並行して必要なメモリ領域の確保と解放を行う仕組みである。メモリの利用状況は、自身の実行状況や他のプログラムの実行状況に応じて常に変動するため、それらの動作に支障を来さぬよう必要なメモリ領域を適切なアドレスに対して臨機応変に確保・解放を行う必要がある。

[概要] 現実のコンピュータでは、メモリに記憶できる情報の量は限られている。また、一つのプログラムやデータがメモリ全体を使いきってしまうことはできず、他のいろいろなプログラムやデータと分けあって使わなければならない。動的メモリアロケーションを使うことで、プログラムの実行時に必要な分だけ「メモリの分け前」 (記憶領域) を確保(allocate)し、また、記憶領域が不要になった時には、他のデータに再利用できるよう、解放 (release, free, deallocate) することができる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

動的メモリ確保 (Wikipedia)

【 動的メモリ割り当て の同義語と関連語 】
< 1 >
メモリアロケーション dynamic memory allocation memory allocation どうてきめもりかくほ
メモリ アロケーション メモリ・アロケーション 動的メモリアロケーション 動的メモリ確保
動的メモリ割り当て


















Allocate allocation アェラゥケイ アェラゥケイトゥ
アロケーション アロケート ページング メモリ管理
割り当て 割り当てる 割り付け 割り付ける
配置する 配分
















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム