本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 トップダウン の意味 】
出典: ボトムアップ手法 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年2月4日 (日) 14:04 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ボトムアップ手法(ボトムアップしゅほう)とは、木構造 (データ構造)の、最も下から積み上げていく解析、または指示すること。対義語はトップダウン手法。

[情報処理] 完全なボトムアップの場合、つまりシステム自体が複雑なツリー構造をした物の場合、莫大な下位レベルの物から積み上げるため、解析または指示に莫大な時間がかかる。よってトップダウンと併用して行われることが多い。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 トップダウン の同義語と関連語 】
< 1 >
bottom up ボトムアップ ボトムアッププログラミング ボトムアップ型
ボトムアップ手法 ボトムアップ設計 ボトムアップ方式




















トップダウン トップダウン手法




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム