本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 詰め組 の意味 】
出典: 詰め組み 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2015年3月8日 (日) 08:49 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

詰め組み (つめぐみ) は、日本語の行組版で、文字同士の間隔を狭くする技法。詰め打ち (つめうち) とも。写真植字の普及によって広く行われるようになった。類似した技法としてカーニングがある。

[種類と方法] 日本語の伝統的な組版では、おのおのの文字が同一の大きさの正方形に収まるものとみなす。この正方形を仮想ボディ (かそうボディ) と呼ぶ。仮想ボディを隙間なく並べて行を構成する組みかたをベタ組み (べたぐみ) と呼ぶ。さらに、仮想ボディを縦横に整然と配置することによってページを構成する組版の様式を桝組みと呼ぶ。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 詰め組 の同義語と関連語 】
< 1 >
カーニング ツメ つめうち つめぐみ
ツメぐみ ツメツメ ツメ組み トラッキング
詰め組 詰め組み 詰め打ち 詰組
詰組み 食い込み詰め 文字詰め










































【 詰め組 の同義語と関連語 】
< 2 >
かな詰め カナ詰め つめぐみ ツメ組
つめ組み 仮名つめ 仮名詰め 詰め組
詰め組み 詰め打ち 文字詰め
















じづら ベタ組み ますぐみ 仮想ボディ
字面 桝組み
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム