本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 ヴァーチュアル・メムリ の意味 】
出典: 仮想記憶 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年9月25日 (月) 12:58 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

仮想記憶(かそうきおく、英語: Virtual Memory、バーチャルメモリ)とは、コンピュータ分野におけるメモリ管理の仮想化技法の一種であり、オペレーティングシステムなどが物理的なメモリを、アプリケーション・ソフトウェア(プロセスなど)に対して、専用の連続した主記憶装置に見えるように提供する。この技術により、物理的な主記憶装置に加えてハードディスク装置等の補助記憶装置を併用すれば、物理的な主記憶装置よりも大きな仮想メモリを提供する事ができる。またアプリケーション・プログラム側は、物理メモリ上のアドレスを意識しなくて良いため、マルチタスクの実現が容易である。このため現代のオペレーティングシステムの多くが仮想記憶をサポートしている。 ・・・

最新FMVをお得に手に入れるなら
『わけあり品』がオススメ♪
キャンセル品などを特別価格・メーカー保証付きでご提供!


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】




【 ヴァーチュアル・メムリ の同義語と関連語 】
< 1 >
virtual memory ヴァーチュアル・メムリ バーチャル メモリ バーチャル メモリー
バーチャル・メモリ バーチャル・メモリー バーチャルメモリ バーチャルメモリー
仮想メモリ 仮想メモリー 仮想記憶 仮想記憶装置
















logical address virtual address 仮想アドレス 論理アドレス




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



Dynabook Direct