本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 ヴァゥーチュアルゥ・プライヴットゥ・ネットゥワゥーク の意味 】
出典: Virtual Private Network 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年7月5日 (水) 02:32 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Virtual Private Network(VPN、バーチャル プライベート ネットワーク・仮想プライベートネットワーク(かそうプライベートネットワーク)などとも)は、インターネット(本来は公衆網である)に跨って、プライベートネットワークを拡張する技術、およびそのネットワークである。VPNによって、イントラネットなどのプライベートネットワークが、本来公的なネットワークであるインターネットに跨って、まるで各プライベートネットワーク間が専用線で接続されているかのような、機能的、セキュリティ的、管理上のポリシーの恩恵などが、管理者や利用者に対し実現される。VPNは2つの拠点間に、仮想的に「直接的な接続」を構築することで実現できる。専用線ではなくインターネットを経由しながら機密性を保つため、IPベースの通信の上に、専用の接続方法や暗号化を乗せている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Virtual Private Network (Wikipedia)

【 ヴァゥーチュアルゥ・プライヴットゥ・ネットゥワゥーク の同義語と関連語 】
< 1 >
IP-VPN IPsec Virtual Private Network IPsec VPN Secure Socket Layer Virtual Private Network
SSL-VPN vˈɚːtʃuəl prάɪvət nétw`ɚːk Virtual Private Network virtual private network
VPN アイピーセクブイピーエヌ アイピーブイピーエヌ インターネットVPN
ヴァゥーチュアルゥ・プライヴットゥ・ネットゥワゥーク エスエスエルブイピーエヌ セキュア・ソケット・レイヤー・バーチャル・プライベート・ネットワーク バーチャル プライベート ネットワーク
バーチャル・プライベート・ネットワーク バーチャルプライベートネットワーク ブイピーエヌ 仮想プライベートネットワーク
仮想回線 仮想私設通信網 仮想私設網 仮想専用線
仮想専用網 仮想閉域網

LAN型VPN PPVPN Provider Provisioned Virtual Private Networks トンネリング
プロヴァイダ・プロヴィジュンドゥ・ヴァーチュアル・プライヴィットゥ・ネットワーク リモートアクセス リモートアクセス型VPN レイヤ2 VPN
仮想LAN 拠点間接続




















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム