本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 ヴァゥーチュアルゥ コァールゥ の意味 】
出典: Virtual Call 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年11月28日 (火) 11:53 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Virtual Call(バーチャルコール、VC)とは、通信相手を呼び出して仮想回線(バーチャルサーキット、Virtual Circuit)を設定してからデータを送信するパケット通信の方式である。仮想回線方式とも呼ばれる。Asynchronous Transfer Mode、ISDN・DDXのパケット通信などで使用されている。

[特徴]
コネクションレス型通信と比較し、以下の点が特徴である。
● 経路の確保など通信プロトコルが複雑になる。
● 経路が予め確保されており、交換処理が単純で高速である。
● 宛先情報などパケットのヘッダが小さくでき、通信効率が良い。 ・・・

マウスコンピューター高性能ノートパソコン特集 マウスコンピューター/G-Tune

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

Virtual Call (Wikipedia)



【 ヴァゥーチュアルゥ コァールゥ の同義語と関連語 】
< 1 >
Virtual Call vˈɚːtʃuəl kˈɔːl ヴァゥーチュアルゥ コァールゥ ヴァゥーチュアルゥ・コァールゥ
バーチャル コール バーチャル・コール バーチャルコール 仮想回線方式
VC víː síː ヴィーシィー ブイシー
















Virtual Circuit バーチャルサーキット 仮想回線 相手選択接続




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M