本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 ヴァクシィーン・ソフトウェア の意味 】
出典: アンチウイルスソフトウェア 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月27日 (水) 16:33 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 アンチウイルスソフトウェア(英語: Anti-Virus Software)とは、コンピュータウイルス(以下「ウイルス」)を検出・除去するためのソフトウェアである。「ウイルス対策ソフトウェア」「アンチウイルス(ソフト)」「ワクチン(ソフト)」などとも呼ばれる。「ウイルスに感染させるソフト」という逆の意味にも取れるが、「ウイルスソフト」という呼び名もある。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

アンチウイルスソフトウェア (Wikipedia)



【 ヴァクシィーン・ソフトウェア の同義語と関連語 】
< 1 >
アンチウィルスソフトウェア Anti-Virus Software Antivirus Software security software
vaccine software アンチウイルス ソフト アンチウイルス・アプリ アンチウイルス・ソフト
アンチウイルスアプリ アンチウイルスソフト アンチウィルスソフト アンチウイルスソフトウェア
ヴァクシィーン・ソフトウェア ウイルスセキュリティ ウイルス駆除ソフト ウイルス除去ソフト
ウイルス対策ソフト ウイルス対策ソフトウェア ウィルス対策ソフトウェア コンピュータウイルス除去ソフト
セキュリティ・ソフト セキュリティーソフト セキュリティソフトウェア セキュリティ対策ソフト
ネットワークセキュリティソフト ワクチンソフト

アンチウイルス ウイルス対策 エンティー・ヴァイルス・ソフトウェア カゥンピュータァー・ヴァィラァス
コンピュータウイルス スパイウェア対策ソフト Virus
vάɪrəs váiərəs ヴァイァラス ヴァイリィス
ヴァイルス ウイルス コンピューター・ウイルス
















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム