本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 ウェットALife の意味 】
出典: 人工生命 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年3月18日 (日) 03:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 人工生命(じんこうせいめい)は、人間によって設計、作製された生命。生化学やコンピュータ上のモデルやロボットを使って、生命をシミュレーションすることで、生命に関するシステム(生命プロセスと進化)を研究する分野である。人工生命(Artificial Life)を ALife と呼ぶことがある。手段によってそれぞれ、「ソフトALife」(コンピュータ上のソフトウェア)、「ハードALife」(ロボット)、「ウェットALife」(生化学)と呼ばれる。

[概要]
 一般には生命とはすなわち、(生物)分類学的な生物の生命のことであるが(近代以前の分類学である博物学の最上位の分類は生物と無生物(鉱物)という分類であった)、ここでは生命を持つ生物のような振る舞いをする、人工物なども全て含むものと「生命」を定義する。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

人工生命 (Wikipedia)



【 ウェットALife の同義語と関連語 】
< 1 >
人工生命 AL éɪ él エイエィルゥ
エーエル ALife Artificial Life アゥーデフィッシャルゥ・ラゥイフ
アーティフィッシャル・ライフ アーティフィッシャライフ アーティフィカル・ライフ アーティフィカルライフ
ウェットALife せいかがく ソフトALife ハードALife
ロボット 生化学









Artificial アゥーダゥフィッシャルゥ アゥーデフィッシャルゥ アーティフィシャル
人為的な 人工的な

























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム