本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ウルトラ・ロー・フレケンシー」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: 電波の周波数による分類 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月24日 (日) 22:58 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

電波の周波数による分類(でんぱのしゅうはすうによるぶんるい)では周波数帯ごとに慣用の名称や用途などを記している。

[分類]
ITUによる分類
ELF:0.03Hz~300Hz
ULF:300Hz~3kHz
VLF:3~30kHz
LF:30~300kHz
MF:300kHz~3MHz
HF:3~30MHz
VHF:30NHz~300MHz
UHF:300MHz~3GHz
SHF:3~30GHz
EHF:30GHz~300GHz
:300GHz~3THz
出典: 極超長波 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月26日 (火) 12:22 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

極超長波(ごくちょうちょうは)とは、周波数が超長波(VLF)よりも低い、3kHz以下の電波である。波長は100km以上となる。地球の持つシューマン共鳴の周波数帯域でもある。

[定義]
極超長波の定義については、若干の揺れが生じている。国際電気通信連合(ITU)においては、VLFよりも低周波にULF(ultra low frequency, 300Hz–3kHz)及びELF(extremely low frequency, 3Hz–300Hz)の区分を設けている。その上で、文部科学省のサイトではULF及びELFを極超長波、経済産業省のパンフレットにおいてはULFを極超長波、ELFを超低周波としている。前田幹夫ほか(2013)では、SLF(super low frequency, 30Hz–300Hz)の区分を加え、ULF・SLF・ELFを極超長波としている。英語圏でも定義には混乱があり、文献によってはELFを日本語の極超長波と同じ意味で用いている場合も多い。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

電波の周波数による分類 (Wikipedia)
極超長波 (Wikipedia)



【 ウルトラ・ロー・フレケンシー の同義語と関連語 】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
ULF 電波
júː él éf
ユー エィルゥ エフ ultra
ユー エル エフ ʌ́ltrə
Ultra Low Frequency オルゥトゥラ
ultra low frequency ウルトラ
ʌ́ltrə lóu fríːkwənsi [形容詞]
オルゥトゥラ ロゥウ フリークウェンスィー 極端な
オルゥトゥラ・ロゥウ・フリークウェンスィー [接頭辞]
ウルトラ ロー フレケンシー
ウルトラ・ロー・フレケンシー
300Hz~3kHz Frequency
0.1~1Mm fríːkwənsi
100km~1,000km フリクヮンシィー
極超長波 フリークウェンスィー

フレケンシー

[名詞]

周波数

振動数

頻度

頻発

頻繁に起きること

回数


































更新日:2023年 1月 1日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M


Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)