本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 裏技 の意味 】
出典: 隠しコマンド 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年5月3日 (水) 16:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

隠しコマンド(かくしコマンド)とは、コンピュータプログラムに用意されながら、取扱説明書や仕様書には記載されないコマンド(命令・操作)である。

[概要] 今日では、コンピュータゲームに於ける物が有名だが、古くはコンピュータ製品の一部にも、設計時に用意されながら、諸般の事情によりユーザー(消費者)には公開されていない、非公開・動作未保証のコマンド(関数など)もあった。その一方で、プログラムに仕掛けられたバックドアと呼ばれる、不正な通信に利用される接続経路を利用するためのパスワード等も、この隠しコマンドの範疇に含む事ができよう。これらは所定の操作を行う事で、本来のプログラム本体の仕様書・取扱説明書には無い機能(イースター・エッグとも呼ばれる隠し要素)を、利用者に提供する事ができるよう作られている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 裏技 の同義語と関連語 】
< 1 >
cheat code hidden command かくしコマンド チートコード
隠しコマンド






















Askew Googleの隠しコマンド tilt グーグル 重力
一回転 斜め 裏技























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム