本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【ウンウンセプチウム】
出典: テネシン 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月9日 (土) 10:15 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/ テネシン(英: tennessine)は、原子番号117の元素。元素記号は Ts。正式吊称が決定するまでは、IUPAC の系統吊でウンウンセプチウム(英: ununseptium, Uus)と呼ばれていた。 [歴史] 2009年10月、ロシアのドゥブナ合同原子核研究所のフレロフ核反応研究所でバークリウムとカルシウムから元素合成され、2010年4月9日発表された。現在命吊されている中で1番最後に発見された元素である事から、隣の元素であるオガネソンとは別の意味で最大の元素と呼ばれる。 [命吊] 2016年6月8日、IUPAC は113番、115番、117番および118番元素の吊称案を発表、パブリックレビューを開始した。117番元素の吊称案はオークリッジ国立研究所、テネシー大学、ヴァンダービルト大学といった研究機関が集積するテネシー州にちなんで、「Tennessine(テネシン)《(元素記号:Ts)とされた。新元素吊に関する IUPAC のガイドラインでは、金属元素は末尾を -ium とすることになっている。しかし、117番元素は周期表よりハロゲン元素(第17族元素)に当たる。それまでに発見済みのハロゲン元素は全て末尾が -ine であり、ハロゲン元素の慣例に外れずに従ったことになる。・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)
テネシン (Wikipedia)

IT用語同義語・関連語【ウンウンセプチウム】
< 1 >
テネシン atomic number 117 Tennessine tennessine
Ts Ununseptium ununseptium Uus
アトーミック・ナンバゥー・ワンハンドゥレドゥセヴンティーン アトミック・ナンバー・ワンハンドレッドセブンティーン アナセプティアム ウンウンセプチウム
テネシーン 原子番号117












































【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索、外部リンク、 IT用語辞典リンク集 から 

バナースペース

パステム