本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ワープ」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: OS/2 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年4月23日 (日) 00:33 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

OS/2(オーエス・ツー)は、MS-DOSおよびPC DOSの後継として、IBMとマイクロソフトとの共同で開発された、パーソナルコンピュータ(パソコン)用の16ビットおよび32ビットのオペレーティングシステム (OS) である。

[OS/2 Warp 3.x "Warp"] 1995年3月に発売されたVer.3.0(マイクロソフトが開発中で放棄したOS/2 3.0とは無関係)では32ビットCPU専用となり、開発コードWarp(ワープ)を製品名としてグループウェアのLotus Notesや日本語IMのWritingHeads/2等のアプリケーションを多数バンドルして発売された。ちなみに、開発コードのWarpは米国SF TVシリーズのスター・トレックに由来するもので、当時新スタートレックが放映中であったこともあり、バージョン4.0の開発コードがMerlinになるまで、スター・トレック関係の固有名詞が開発コードに使用されていた。 ・・・

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム) マウスコンピューターMousePro


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】




【 ワープ の同義語と関連語 】
< 1 >
OS/2 Ver.3.0 OS/2 Warp 3.x OS/2 バージョン 3.0 Warp
ワープ






















Merlin OS/2 バージョン 4.0
























更新日:




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



富士通 WEB MART