本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「焼き付き防止」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: スクリーンセーバー 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年10月30日 (月) 07:47 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 スクリーンセーバー(Screensaver) は、コンピュータのコンソールに長時間ユーザによる入力がなかったとき、ディスプレイを保護するために自動的にアニメーション等を表示させるユーティリティソフトウェアである。

[概要]
 かつては、ディスプレイといえばCRT(ブラウン管)がほとんどで、CRTの焼き付きを防ぐためのユーティリティとして使用されていた。CRT時代の後期には改良が進んだため焼き付きが発生しにくくなり、次第にエンターテイメント的な要素が強くなった。液晶ディスプレイが主流となった現在でも使われることがあるが、本来の焼き付き防止としての役割はほぼ失われ、代わりに「アクセサリー」としてや、離席中に作業画面を他人から勝手に見られないようにする、というセキュリティ上の理由で使うことが多い・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

スクリーンセーバー (Wikipedia)



【 焼き付き防止 の同義語と関連語 】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
スクリーンセーバー Burn-in
Screen Saver bə́rn iːn
screen saver バァーン イェン
Screensaver バァーン・イェン
スクリーン・シャッター バーン イン
スクリーン・セーバー バーン・イン
スクリーンシャッター 焼き付き
焼き付き防止 ブラウン管の焼き付き
SS モニターの焼き付き
ブラウン管の焼き付き防止 液晶モニターの焼き付き
モニターの焼き付き防止
液晶モニターの焼き付き防止

























































更新日:2022年 2月14日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M

Dynabook Direct
NEC「得選街」