本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「焼きなまし」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: 焼きなまし法 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年1月24日 (木) 20:32 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 焼きなまし法(やきなましほう、英: Simulated Annealing、SAと略記、疑似アニーリング法、擬似焼きなまし法、シミュレーティド・アニーリングともいう)は、大域的最適化問題への汎用の乱択アルゴリズムである。広大な探索空間内の与えられた関数の大域的最適解に対して、よい近似を与える。 S. Kirkpatrick、C. D. Gelatt、M. P. Vecchiらが1983年に考案し、1985年に V. Cerny が再発見した。 ・・・ SAアルゴリズムは、解を繰り返し求め直すにあたって、現在の解のランダムな近傍の解を求めるのだが、その際に与えられた関数の値とグローバルなパラメータ T(温度を意味する)が影響する。そして、前述の物理過程との相似によって、T(温度)の値は徐々に小さくなっていく。このため、最初はTが大きいので、解は大胆に変化するが、Tがゼロに近づくにつれて収束していく。最初は簡単に勾配を上がっていけるので、山登り法で問題となるようなローカルな極小に陥ったときの対処を考える必要がない。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

焼きなまし法 (Wikipedia)



【 焼きなまし の同義語と関連語 】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
焼きなまし法 最適化問題
SA 局所解からの脱出
SAアルゴリズム C. D. Gelatt
SA法 M. P. Vecchi
Simulated Annealing S. Kirkpatrick
símjulèitid əní:liŋ
シゥミュレゥイティッドゥ アゥニーリィング Simulated
シゥミュレゥイティッドゥ・アゥニーリィング símjulèitid
シィミュレェイティドゥ アゥニーリィング シゥミュレゥイティッドゥ
シィミュレェイティドゥ・アゥニーリィング シィミュレェイティドゥ
シミュレイティド アニーリング シミュレーティド
シミュレイティド・アニーリング [形容詞]
シミュレーティド アニーリング 模擬の
シミュレーティド・アニーリング 真似た
シミレイティドゥ アニーリング シミュレーションした
シミレイティドゥ・アニーリング
擬似焼きなまし法 anneal
疑似アニーリング法 əníl

アゥニールゥ

アニール

[他動詞]

~を焼き戻す

~を焼きなます

~を鍛える

[自動詞]

鍛える


Annealing

əní:liŋ

アゥニーリィング

アニーリング

[名詞]

焼きなまし

焼き戻し













更新日:2022年 9月12日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M

デル株式会社
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ