本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「闇の職業安定所」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: アンダーグラウンド (文化) 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2021年11月21日 (日) 19:33 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 アンダーグラウンド(underground)は、反権威主義などを通じて波及し、1960年代後半に起こった、商業性を否定した文化・芸術運動のことを指す。広義には、単に非公式・非合法であることをいう。アングラと略される。

[概要]
 ・・・

[インターネット]
 インターネット上において表沙汰にはできないこと、違法行為の指南を扱ったサイトのことを指す。「アングラサイト」とも呼ばれた。インターネット関連規制の法律が不備だった時代はアングラ文化の一部とも見なされたが、現在では単なるインターネット犯罪である。
出典: 闇サイト 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月13日 (水) 14:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 闇サイト(やみサイト)とは、犯罪などの違法行為の勧誘を主目的としているウェブサイトの総称を示すマスコミの造語である。ネット社会においては一般的に「アングラサイト」と呼ばれることが多い。

[概要]
 殺人や恐喝などの犯罪行為の請負や、違法行為の仲間を求めるものなど、反社会的な問題行為に荷担してしまうものが殆どである(但し、全ての闇サイトが違法であるというわけではない。例えば自殺の具体的手法を解説したサイトは一般的に反社会的であるとみなされるが、法律上の関係から犯罪ではない)。単語そのものは、2005年10月頃からメディアで使われ始めたが、闇サイトの名が一躍有名になったのは2007年の闇サイト殺人事件がきっかけで、同年の新語・流行語大賞の候補語にもなった。 ・・・

ZERO ウイルスセキュリティ


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

アンダーグラウンド (文化) (Wikipedia)
闇サイト (Wikipedia)



【 闇の職業安定所 の同義語と関連語 】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
闇サイト Silk Road
Dark Web The Onion Router
dɑ́rk wéb Tor
ダーァク ウェッブ トーア
ダーァク・ウェッブ Tor Broeser
ダーク・ウェブ アダルト情報サイト
ダークウェブ オニオンルーティング
Deep Web シルクロード
アングラ・サイト わいせつ画像を公開
アングラサイト 闇サイト殺人事件
いじめサイト 闇の商品
ディープ・ウェブ 違法ドラッグ
ディープウェブ 違法行為の勧誘
闇ウェブ 違法行為の仲間を募集
闇の職業安定所 違法物品の売買
違法サイト 違法薬物の売買
児童ポルノサイト 禁止薬物の売買
自殺サイト 個人情報の売買
深層ウェブ 殺人の依頼
反社会的サイト 児童ポルノ
復讐サイト 自殺志願者を募る
裏サイト 銃器の売買

毒物の売買

犯罪行為

犯罪行為の請負

犯罪請負





























更新日:2022年 5月 9日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M

小田急のお中元