本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「やり取り型」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: 情報処理推進機構 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年12月31日 (月) 06:59 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 独立行政法人情報処理推進機構(じょうほうしょりすいしんきこう、英: Information-technology Promotion Agency, Japan、略称:IPA)は、日本におけるIT国家戦略を技術面、人材面から支えるために設立された、経済産業省所管の中期目標管理法人たる独立行政法人である。

[概要]
 IPAでは、特別認可法人 情報処理振興事業協会の時代からコンピュータウイルスやセキュリティに関係する調査・情報提供を行ってきた。また、中小コンピュータソフトベンダーの債務保証事業などのソフトウェア開発補助事業を行っている。天才的プログラマの発掘のための未踏ソフトウェア創造事業、特に若年の開発者を対象とした未踏ユース制度などの人材育成事業も行っている。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

サイバーレスキュー隊J-CRAT(ジェイ・クラート) (情報処理推進機構)
情報処理推進機構 (Wikipedia)



【 やり取り型 の同義語と関連語 】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
サイバーレスキュー隊 情報処理推進機構
Cyber Rescue and Advice Team against targeted attack of Japan IPA
sáibər réskjuː ənd ədvάɪs tíːm əgèɪnst tɑ́rɡətɪd ətǽk əv dʒəpǽn サイバー攻撃
サイバー レスキュー アェンドゥ アドゥヴァイス ティーム アゲンストゥ ターゲティドゥ アタック オヴ ジャェパェン マルウェア
サイバー・レスキュー・アェンドゥ・アドゥヴァイス・ティーム・アゲンストゥ・ターゲティドゥ・アタック・オヴ・ジャェパェン やり取り型
サイバー レスキュー アンド アドバイス ティーム アゲンスト ターゲティド アタック オブ ジャパン やり取り型攻撃
サイバー・レスキュー・アンド・アドバイス・ティーム・アゲンスト・ターゲティド・アタック・オブ・ジャパン 高度標的型攻撃
ジェイ・クラート 偵察メール
J-CRAT 標的型サイバー攻撃
情報セキュリティ安心相談窓口 標的型攻撃
独立行政法人情報処理推進機構セキュリティセンター 標的型攻撃メール
標的型サイバー攻撃特別相談窓口 不審メール

Cyber

sáibər

サイバー

[形容詞]

コンピューター・ネットワークの

インターネット上の

サイバースペースの


Rescue
【 以下関連語 】 réskjuː
attack レスキュー
ətǽk [他動詞]
アゥタェック ~を救助する
アゥタェ́ック ~を救出する
アタック [名詞]
アタッ́ク 救出
[他動詞] 救助
~を攻撃する
~を襲う
~に取り組む
[自動詞]
攻撃する
襲撃する
[名詞]
攻撃
襲撃


更新日:2022年10月19日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M

Dynabook Direct