本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 有害Webサイト の意味 】
出典: コンテンツフィルタリング 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年3月23日 (金) 14:43 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

コンテンツフィルタリング(contents filtering)は、インターネット等を通じて出入りする情報を監視し、コンテンツ(内容)に問題があれば接続を拒否・遮断する技術である。インターネットフィルタリング(internet filtering)ともいう。ソフトウェアをクライアントにインストールしたり、プロキシサーバーでフィルタリングを行ってコンテンツフィルタリングを実施する。なお、コンテンツをフィルタリング(書き換え)することで安全・快適な接続を可能にする技術もコンテンツフィルタリングと呼ばれるが、それらはここでは扱わない。Proxomitron等を参照。ただし、ここで述べるようなソフトやサービスの一環として、そのような機能も持っていることはある。 ・・・
出典: フィルタリング (有害サイトアクセス制限) 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年11月12日 (日) 03:19 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

フィルタリング(英: filtering)とは、インターネット上のウェブページなどを一定の基準で評価判別し、選択的に排除する機能のこと。ここでは、主に青少年保護を目的として、政府、接続業者、親権者、コンピュータ管理者等が行うものについて述べる。この種の技術全般についてはコンテンツフィルタリングを参照。親権者等による、DVDなども含めたメディアの選択的な排除は「ペアレンタルコントロール」と呼ばれる。またアクセス排除ではなく、内容レベルの可視化を目的とした概念にレイティングがある。

[概要]
フィルタリングは、様々な価値観に基づき発信されるウェブページなどを、PC向けのソフトウェアや、インターネットサービスプロバイダーや携帯電話事業者によって運用されるプログラムによって評価判別し、情報の配信を許可あるいは遮断する機能である。主に閲覧を不可とするサイトやカテゴリーを指定するブラックリスト方式と、閲覧したいサイトやカテゴリーを指定するホワイトリスト方式がある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

コンテンツフィルタリング (Wikipedia)
フィルタリング (有害サイトアクセス制限) (Wikipedia)

【 有害Webサイト の同義語と関連語 】
< 1 >
アダルトサイト adult site adult website Dating Service Sites
インターネット異性紹介サイト インターネット異性紹介事業 お付き合い族 お友達から族
ポルノ画像 結婚族 残酷な表現 児童買春・児童ポルノ法
出会い系 出会い系サイト 出会い系サイト規制法 出会い系サイト被害防止法
青少年ネット規正法 売春斡旋業 暴力表現 有害Webサイト
有害サイト






結婚斡旋業




























【 有害Webサイト の同義語と関連語 】
< 2 >
いじめ デマ 学校裏サイト 掲示板サイト
中傷 誹謗 有害Webサイト 有害サイト


















































【 有害Webサイト の同義語と関連語 】
< 3 >
フィルタリング Filtering filtering fɪ́ltɚɪŋ
URLフィルタリングソフトウエア web contents filtering software Webコンテンツフィルタリングソフト Webフィルタリングサービス
アクセス制御ソフトウエア ウェブコンテンツフィルタリングソフト コンテンツフィルタリングサービス パレンタルコントロール
フィルゥタゥリング フィルターをかける フィルタリングサービス フィルタ処理
ペアレンタルコントロール 有害サイトアクセス制限サービス 有害サイトブロック 有害サイトブロックサービス








ギャンブルサイト 反社会的行為を助長するWebサイト 有害Webサイト 有害サイト



























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム