本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 有効生存期間 の意味 】
出典: TTL 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2015/03/03,URL: https://www.wdic.org/

 ホップ数を表わす指標の一つで、IPv4において、パケットがネットワーク上に存在することを許可されている時間。

[概要]
 ネットワークでの無限ループなどを防ぐために存在する。秒などの時間で規定される場合と、ルーターを通った回数(ホップ数)などで規定される場合がある。

[定義・用法]
 IPv4ではあくまでTime to Live(生存時間)であり、単位は決められていない。現実には、ルーターを経由するごとに1つデクリメントされる。
 IPv6ではHop Limitとされ、明確な規定が与えられている。やはり、ルーターを経由するごとに1つデクリメントされる。
出典: Time to live 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年5月14日 (火) 04:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Time to live (時に TTL と省略される)は、コンピュータとコンピュータネットワーク技術において、1単位のデータ(例えば一つのパケット)が破棄される前に経過する可能性がある時間、もしくは繰り返し数すなわちトランスミッション数の上限(余命)である。

[IPパケットのTime to live]
 IPv4では、time to live (TTL) は、インターネットプロトコル (IP) ヘッダ内の8ビットフィールドである。それは、20オクテット中の9番目のオクテットである。Time to live の値は、IPデータグラムがインターネットシステムの中に存在することができる時間の上限として考えることができる。TTLフィールドはデータグラムの送り主が設定し、目的地までのルートの全てのホストによって減らされる。データグラムがその目的地に到着する前にTTLフィールドがゼロになったならば、データグラムは破棄され、ICMPエラーデータグラム (11 - Time Exceeded) が送り主に返される。TTLフィールドの目的は、配達不能のデータグラムがインターネットシステムを循環し続ける状況と最終的にはそのような不滅のデータグラムによるシステムの輻輳を回避することである。理論的には、time to live は秒で測られるが、データグラムが通過する全てのホストは少なくとも1単位だけTTLを減らさなければならない。実際には、TTLフィールドは、全てのホップごとに1だけ減らされる。このやり方を反映するために、IPv6では、このフィールドは hop limit と呼ばれている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

TTL (通信用語の基礎知識)
Time to live (Wikipedia)

富士通 FMV LIFEBOOK UH 富士通 WEB MART
【 有効生存期間 の同義語と関連語 】
< 1 >
Time To Live Time-To-Live tάɪm toː lάɪv ターイム トゥー リィヴ
ターイム・トゥー・リィヴ タイム トゥー リィヴ タイム・トゥー・リィヴ タイム ツー リブ
タイム・ツー・リブ TTL tíː tíː él ティーティーエィルゥ
ティー・ティー・エル ティーティーエル TTL値 パケット有効期間
パケット生存回数 生存期間 生存時間 存在時間
廃棄通知 有効生存期間 hop limit




ルータ通過回数 ルータ通過数 廃棄 無限ループ
有効期間 Time tάɪm
ターイム タイム ~回
時間 Live lάɪv
リィヴ ゥリィヴ リブ 生存する











ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム