本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 有効走査線 の意味 】
出典: 走査 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年9月22日 (金) 04:04 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

走査(そうさ)、スキャン(scan)とは、対象を探針や電子線のような点状(あるいは直線状)のものでなぞって対象物の線(面)の情報を得ることや、発振あるいは同調周波数を連続的に変化させることで対象物質の情報を得たり、対象の持つ情報を再生することである。 掃引(スウィープ)と似ており、そのように言うこともある。また、これらになぞらえ、コンピューターのポート番号を順に変化させて情報の読み書きを行うことも同様に呼ばれることもある。(ポートスキャン)テレビの用語としては、電波法施行規則では「「走査」とは、画面を構成する絵素の輝度又は色(輝度、色相及び彩度をいう。)に従って、一定の方法により、画面を逐次分析して行くことをいう」と定義している(電波法施行規則2条1項80号)。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


Dynabook Direct Dynabook Direct
【 有効走査線 の同義語と関連語 】
< 1 >
1035本 1080本 1125本 262.5本
480本 525本 720本 scanning line
スキャニン・ライン スキャンニング・ライン そうさせん 水平走査線
走査線 有効走査線













CRTディスプレイ NTSC方式 インターレース方式 ノンインターレース方式
プログレッシブ方式 ラスター 飛び越し走査
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム