本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 有線同等機密 の意味 】
出典: Wired Equivalent Privacy 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月12日 (火) 13:59 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Wired Equivalent Privacy(直訳すると有線同等機密、通称WEP)は、IEEE 802.11無線ネットワークのセキュリティのためのアルゴリズム。1997年に登場したとき、WEPは従来からある有線LAN並みの機密性を提供するものと期待されていたが、後に容易に解読できることが判明したため廃れた。

[脆弱性]
 2001年以降、暗号解読者らによって深刻な弱点がいくつか明らかとなり、最終的には容易に入手可能なソフトウェアを使って数分でWEPコネクションを解読可能な状態となっている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Wired Equivalent Privacy (Wikipedia)

富士通 FMV LIFEBOOK UH 富士通 WEB MART
【 有線同等機密 の同義語と関連語 】
< 1 >
WEP dˈʌbljuː íː píː ダブリュー・イー・ピー ダブリューイーピー
13文字 5文字 Fast Packet Keying RC4アルゴリズム
WEP-104 WEP-40 WEP暗号化 WEP暗号化方式
Wired Equivalent Privacy ウェップ ウェップ暗号化 ダイナミックWEP
ワイアドゥ・イクウィヴァラゥントゥ・プライヴァシィー ワイヤードゥ・イクイヴァラント・プライヴァシィー 有線同等機密








IEEE 802.11 暗号化技術 暗号化方式 秘密鍵暗号方式
セキュリティシステム Wired wáɪɚd
ワイアゥドゥ ワイァド 有線の
Equivalent ɪkwívələnt イクウィヴァラゥントゥ エクィバレント
同等の 等しい












ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム