本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 誘導ページ の意味 】
出典: 検索エンジンスパム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年11月21日 (火) 14:52 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

検索エンジンスパム(けんさくエンジンスパム、英:spamdexing)とは、Google検索やYahoo! 検索等の検索エンジンで自身のウェブサイトが検索結果の上位に表示させるように、何らかの仕掛けをすること、および施されたウェブページをいう。こと検索エンジンから所定サイトへ、不適切に誘導されたケースにおいてこのように表現される。

[概要] 検索エンジン側でも利用者が望む情報へのリンクを提供するために、関係無い内容のウェブページは除外する仕組みを開発して導入を進めている。この場合、検索エンジン提供側の信用にもかかわり、こと検索サイトが利用者に信用され利用者数を伸ばすことで収益を上げる関係上、その仕組みを破る検索エンジンスパムは営業妨害となるためである。しかしそういった検索エンジンスパムを除外する機能を回避することを試みる者もおり、いたちごっこが続いている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


マウスコンピューター高性能ノートパソコン特集 マウスコンピューター/G-Tune
【 誘導ページ の同義語と関連語 】
< 1 >
1ページサイト search engine spam search spam SEM
SEOスパム spamdexing エスイーオースパム クローキング
サーチ・エンジン・スパム サーチエンジンスパム ドアウェイページ リンクファーム
隠しテキスト 隠しテキストページ 隠しリンク 検索エンジンスパム
検索エンジンスパム行為 検索スパム 有料リンク 誘導ページ








































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム