本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 輸送 の意味 】
出典: TLS 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2015/09/14,URL: https://www.wdic.org/

 セキュリティを要する通信で用いられる、代表的な通信プロトコルの一つ。古くはSSL(Secure Sockets Layer)と呼ばれてきた。「TLS/SSL」や「SSL/TLS」のように併記されることも多い。

[概要]
 由来
米Netscape Communicationsにより、SSLとして開発された。
SSLは3.0まである。以降はIETFのワーキンググループでの仕様策定に移行し、名前も「TLS」に改められRFCが発行されるようになった。その後も、SSLの名が広く普及していることからTLSもSSLと俗称されることが多くあり、「TLS/SSL」や「SSL/TLS」のように併記されることも多かった。
SSLはバージョン1.0と2.0は既に脆弱性で消えていたが、2014(平成26)年10月14日、GoogleのセキュリティチームによりSSL 3.0の深刻な脆弱性「POODLE」が発見されたことでSSLは全バージョンに脆弱性が発覚、これをもってSSLは現役を退いた。
 現行のバージョンは全てTLSであるが、以下は、特にバージョンの区別をしない場合、SSLと書かれた場合にはTLSも含む。
機能
SSL/TLSは、次の機能を実現する。
● 通信内容の暗号化
● 通信相手の証明
 ● なりすましを防止する通信相手の認証
 ● 伝送中にメッセージの改竄が無いかを調べる認証
暗号化によって安全な通信を実現すると共に、SSL証明書の認証による通信相手の実在性を保証する。
[特徴]
・・・
出典: Real-time Transport Protocol 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年6月17日 (土) 19:40 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Real-time Transport Protocol(リアルタイム トランスポート プロトコル、RTP)は、音声や動画などのデータストリームをリアルタイムに配送するためのデータ通信プロトコルである。

[概要]
RTSPやH.323の通信プロトコルのデータ部分に使用される。 ほぼ全てのVoIP関連製品は、RTPを利用して、音声情報をIPネットワーク上へ送出している。 これは、リアルタイムストリームを運ぶためのプロトコルとしてIETF、ITUで標準化されている。
RTPは、UDPの通信プロトコル(TCPと違ってUDPのヘッダには「シーケンス(順序)番号」の項目が存在しないため順序の組み立てができない)であるが、 RTPパケットを受信したホストは、RTPパケットのRTP用のヘッダーにある情報から各パケットの時間の情報から時間的な関係を把握し、データを再生することができる。 RTPパケットも他のパケットと同様に、ネットワークを経由して転送されていく中で、喪失や、配送の遅れが起こる。 しかし、映像や音声のデータは、データの一部が欠けていても再生が可能であるため、データの受信側では、喪失や、配送の遅れたパケットは無視し、受信側が期待する時間に到着したパケットだけを利用してデータの再生を行うことができる。 ・・・
出典: Transport Layer Security 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年8月3日 (土) 11:34 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Transport Layer Security(トランスポート・レイヤー・セキュリティ、TLS)は、インターネットなどのコンピュータネットワークにおいてセキュリティを要求される通信を行うためのプロトコルである。主な機能として、通信相手の認証、通信内容の暗号化、改竄の検出を提供する。TLSはIETFによって策定された。当プロトコルは(特に区別する場合を除いて)SSL (Secure Sockets Layer) と呼ばれることも多い。これは、TLSの元になったプロトコルがSSLであり、そのSSLという名称が広く普及していることによる。2018年現在の最新版はTLS 1.3である。

[概要]
 TLSは多くの場合、コネクション型のトランスポート層プロトコル(通常はTCP)とアプリケーション層のあいだにおいて使われる。特にHTTPでの利用を意識して設計されているが、アプリケーション層の特定のプロトコルには依存せず、様々なアプリケーションにおいて使われている。TLS 1.1以降を元にしたプロトコルが、UDPやDCCPといったデータグラム型プロトコル上でも実装されており、こちらはDatagram Transport Layer Security (DTLS) として独立して標準化されている。 ・・・


【 輸送 の意味 】
出典: 高度道路交通システム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年5月3日 (木) 20:06 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

高度道路交通システム(こうどどうろこうつうシステム、Intelligent Transport Systems、ITS)は、IT (Information Technology) を利用して交通の輸送効率や快適性の向上に寄与する一連のシステム群を指す総称名である。高度交通システム(こうどこうつうシステム)とも。道路交通、鉄道、海運、航空などの交通が対象となる。

[概説]
高度道路交通システム(ITS)は情報通信やエレクトロニクスといった新技術を活用して交通システムのインテリジェント化を図り安全・円滑・快適な交通環境を実現するシステムである。各種のシステムがITSには含まれる。例えば、バスロケーションシステム、e-Call、カーシェアリングにおける自動車の予約、タクシーのワイパー稼働状況をもとにした局地気象情報の提供など多岐にわたる。 ・・・
出典: Real-time Transport Control Protocol 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2015年6月10日 (水) 11:38 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Real-time Transport Control Protocol(RTCP)はRTPと兄弟関係にあるプロトコルである。RTCPはRFC 3550で定義される(そのため古いバージョンのRFC 1889は廃止された)。RTCPはRTPのフロー制御をするときの制御情報を提供する。RTCPは、RTPと組み合わせることでマルチメディアデータを送受信できるが、RTCP自体はデータを転送することはできない。定期的に制御パケットを送ってストリーミング・マルチメディア・セッションに参加する。RTCPの一番重要な機能はRTPによって提供されるQuality of Serviceのフィードバックを提供することである。 ・・・
出典: ソケット 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2015/01/31,URL: https://www.wdic.org/

 プロセス間通信の方法の一つ。

[概要]
 異なるコンピューターで動作するプロセス間の通信にも使え、実際その使い方が多い。TCP/IPなどが代表といえる。この機能は4.2BSDで初めて実装され、現在では殆どのオペレーティングシステムで使えるほどに普及した。
[特徴]
通信をする際には、まずソケットによってコネクションが張られる。
こうすると、プロセス間通信をアプリケーションからはファイルへの入出力と同じに扱うことができる点が便利なため、広く普及している。
例えば、HTTPのサーバーであるhttpdはサーバーコンピューターのTCPポート80にソケットを作り、クライアントが(Webブラウザーなどで)ソケットに繋ぎに来るのを待っている。

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

SSLとTLSの違いとは (SAKURA internet)
Real-time Transport Protocol (Wikipedia)
Transport Layer Security (Wikipedia)
Real-time Transport Control Protocol (Wikipedia)
ソケット (Wikipedia)
高度道路交通システム (Wikipedia)
TLS (通信用語の基礎知識)

Dynabook Direct Dynabook Direct
【 輸送 の同義語と関連語 】
< 1 >
Intelligent Transport Systems ɪntélədʒənt trænspˈɔɚt sístəm インテリィジャントゥ トゥラェンスポーァトゥ シィステム インテリィジャントゥ・トゥラェンスポーァトゥ・シィステム
インテリジェント トランスポート システム インテリジェント・トランスポート・システム Intelligent Transportation Systems ITS
άɪ tíː és アイティーエス こうどこうつうシステム こうどどうろこうつうシステム
高度交通システム 高度道路交通システム













交通システム 道路交通問題 Intelligent
ɪntélədʒənt インテリィジャントゥ インテリジェント 聡明な
高度な自動制御ができる Transport trænspˈɔɚt
トゥラェンスポーァトゥ トランスポート 輸送 移送
転送 運ぶ 輸送機関










【 輸送 の同義語と関連語 】
< 2 >
Real-time Transport Protocol Real-Time Transfer Protocol Realtime Transport Protocol realtime transport protocol
ˈriːəltaɪm trænspˈɔɚt próʊṭək`ɔːl リアゥルゥ タイム トゥラェンスポーァトゥ プロトゥコァールゥ リアゥルゥ・タイム・トゥラェンスポーァトゥ・プロトゥコァールゥ リアルタイム トランスポート プロトコル
リアルタイム・トランスポート・プロトコル RTP άɚ tíː píː アゥーティーピー
アールティーピー














QuickTime Real-time Transport Control Protocol RealPlayer RFC 1889
RFC 3550 RTCP RTP Control Protocol アールティーシーピー
ストリーミング再生 フロー制御 実効帯域幅 送受信制御
遅延時間 伝送時間保証 Transport
trænspˈɔɚt トゥラェンスポーァトゥ トランスポート 輸送
移送 転送 運ぶ 輸送機関





【 輸送 の同義語と関連語 】
< 3 >
SSL Secure Socket Layer Secure Sockets Layer secure socket layer
secure sockets layer SSL 1.0 SSL 2.0 SSL 3.0
SSL V2.0 SSL V3.0 sɪkjˈʊɚ sɑ́kəts ˈleɪɚ セキュァー・ソケッツ・レゥイアゥー
セキュア・ソケッツ・レイヤー セキュア・ソケット・レイヤー SSL/TLS TLS/SSL
TLS TLS 1.0 TLS 1.1 TLS 1.2
TLS 1.3 trænspˈɔɚt ˈleɪɚ sɪkjˈʊərəṭi Transport Layer Security エスエスエル
トゥラェンスポーァトゥ・レゥイアゥー・セキュリディー トランスポート・レイヤー・セキュリティ

暗号化通信技術 米ネットスケープ社 DTLS SSLRef
POODLE Sockets sɑ́kəts
ソケット ソケッツ IPアドレスとポート番号の組合せ
Transport trænspˈɔɚt トゥラェンスポーァトゥ トランスポート
輸送 移送 運搬 転送












ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム